姓名判断占いの信憑性

姓名判断占いの結果の信憑性

姓名判断占いの結果の信憑性 姓名判断に関しては、昔から中国などでも重要視されてきた占いの一つであり、今でも、お子さんなどの名づけに、こちらの姓名判断は利用されることがとても多いです。
信憑性についてですが、実際に日本で売られている書籍など、特にお子さん向けの名づけに使用されるような本などの場合、かなり悲しいことに、悪い画数でも、良い画数、とされてしまっている件があります。
例えば、女性にとっては、あまり良くないとされる23画数ですが、こちらを「女の子にお勧めの画数」としてしまっている姓名判断占いの本なども出ており、しかし本格的な占いとなると、こちらは凶の数、とされています。
そのため、親御さんはかなり良い名前として付けたつもりであっても、実際には、かなり強い数であるため、結婚が破断になってしまう、などのことは実際にあり得た、という話があります。
ただ、よく言えば、とてもおかみさん的な強い画数、ともとることが出来るため、そのように気持ちを込めてつけたのなら、吉数ともなりますが、何とも難しい、とされています。
信憑性は高いとされており、やはり売れている芸能人などの場合には、良い画数の方が多いです。

もしも姓名判断占いの結果が悪かったとき

もしも姓名判断占いの結果が悪かったとき 子供の名前は両親からの初めてのプレゼントでもあります。
子供が一生その名前で過ごすことになりますので、慎重に考えてあげるようにしましょう。
名前を考えるときには、自分の好きな名前を付けてあげるのもいいですが、決定する前には一度姓名判断占いをしてみることです。姓名判断占いで占ってみた結果、とんでもなく悪かった場合には、他の名前を考えてみたほうがいいでしょう。
結果が悪かったからといって、かならずしもその通りになるとは限りませんが、出来れば良い結果の名前で決めてあげるようにしたほうが幸せな人生を送ることが出来そうです。
もしも何か悪いことが起きてしまったときに、姓名判断結果が悪かった名前にしていれば、他の名前にしておけばよかったと思うようになります。
子供の幸せを願うのであれば、出来るだけ悪い結果の名前は避けるようにし、いい結果の名前を付けてあげるようにしておくほうがいいでしょう。
ゆっくり考えるためにも、お腹の中にいる間から候補を絞りましょう。

Favorite

2018/12/14 更新