占いはどこまで信じたらいい?

占いはどこまで信じたらいい?

占いはどこまで信じたらいい? 占いを信じる人も、信じない人もいます。信じてもいいし、信じなくてもいいと思うのです。
もし、その結果が自分にとってすごく嬉しいもので、「なんだかワクワクしてきて、楽しい気分になったりしてきた!」そういう気持ちでいるとき、周りの景色がキラキラして見えてきませんか?
それはあなたにとってすごく素敵な時間なのではないでしょうか?
そして、「引き寄せ」という言葉があるように、そういった状態であるときにあなたにとっていいことが良くやってきたりするのではないでしょうか。
もし、そういった状態で、いい結果だった占いを信じていたのに、結果的に言われたことと違って良くなかった、ということがおこり、「信じなければ良かった」と残念に思うことがあるかもしれません。
ですが、それによってもたらされたそのポジティブな時間は、あなたを幸せな気持ちにしてくれたはずです。そして、その一見良くなかったと思われる結果についてもまた、本当はあなたにとって、良かったことなのかもしれません。
あなたはそこで大切な何かを学んだとしたら、それらはすべて「あなたの為に良かった」と言えるのではないでしょうか。「占いはどこまで信じたらいいの?」その答えは、自分が信じたいように信じればいいということです。
結果だけを見てそれが良かったか、良くなかったか、と考えるのではなく、その過程の中で得られたことに気づくことも占いなのではないでしょうか。

占いは楽しむためにやる?人生のためにやる?

占いは楽しむためにやる?人生のためにやる? 占いは科学文明が発展している今日にあっても、非常に多くの人たちに愛されています。
その占いをやる動機としては、楽しむためであると言う人もいれば、人生のためにやると言う人もいるでしょう。ではそのどちらの方が正しいと言えるのでしょうか。まず最初に言えることは、そういった人たちの中にも、その時置かれている状況に応じて楽しむためにやる場合もあれば、人生のためにやる場合もある人は少なくないということです。
例えば幸せいっぱいの時期のカップルのうちの一人が、お互いの相性を占おうするのであれば、それはとても楽しいものになるでしょう。
しかしある程度時が過ぎてから、自分は相手のことを愛しているのに、相手の心は離れて行っていると感じて、その相手の心の内を占おうとする場合は、人生に関わってくるものだと言えます。
また友達と楽しく会話している時に、本などを見ながらお互いの未来を占ってワイワイと盛り上がったその日のうちに、専門の占い師の元に行って人生の行く末を相談するといった場合も、ないとは言えません。
つまり状況によって目的は変わってくるので、二者択一でどちらの動機が正しいと言えるものではないということになります。
さらに言うと、楽しむためにも、人生のためにも使えるという懐の広さが、占いの魅力となっているのです。

recommend

歌舞伎町でホストクラブに通いたい方はご連絡ください

歌舞伎町 ホストクラブ

多種多様なドローンを取り扱っている専門店です。

ドローン 専門店

東京自由が丘駅にある歯医者

自由が丘の歯科に診てもらう

2018/7/13 更新